胆石ブログ「痛みや食事をどうしたらいい?」

胆石の治療日記。胆石症に関する情報もまとめます

胆石の日帰り手術が出来る人

胆石の日帰り手術って、どんな病院でもやってくれるの?

どんな症状なら日帰り手術が可能なの?

そんな疑問に答えちゃいます。

まず、胆石の人でも必ず手術しなきゃいけない、というワケでは無いです。

胆石を持ってても、痛みが出ない無症状胆石症なら、薬(ウルソ)や食事療法で改善できる可能性があるので、まずは試した方が良いです。

胆石の食事療法については、下記リンクでアドバイスしてるのでぜひご覧ください。

>>胆石の食事療法

それでは胆石の日帰り手術に適した人は、どんな状態か。まずそっからお話します。

胆石の日帰り手術が出来る人

胆石の日帰り手術が出来る人

胆石持ちで日帰り手術が適応になりそうな人は、こんな人です。

  • 薬で溶けない胆石を持っている
  • 胆石が胆のうの中にだけある
  • 胆のうに炎症がほとんどない

この3つに当てはまってる人は、日帰り手術が可能だと思います。

ただし、私は医者じゃないんであくまでも予測です。

薬で溶けない胆石がある

胆石持ちで痛みが出てない人は、とりあえず薬(ウルソ)による溶解法を選択するかと思います。

だけどウルソによって溶ける胆石は、コレステロール胆石だけなんで他の種類の胆石だと、溶けずにそのまま胆のうに残る可能性が高いです。

私も薬で溶ける確率は五分五分と最初にかかりつけ医に言われました。

無事に溶ければ良いんですが、溶けない胆石の場合は手術した方が良いのかもしれません。

ですけど、手術にはリスクが付き物なので、その辺はかかりつけの医者と相談して下さいね。

胆石が胆のうの中にだけある場合

胆石が胆のうから出ていて、胆管にもある時は日帰り手術が難しいです。

胆管にも胆石がある場合は別の処置も必要なので、日帰り手術で済まない可能性が高いです。

この診断は、手術前の診断で分かるので、日帰り手術が適応かどうか医者が判断してくれます。

胆のう炎になってない事

胆のう炎になってると、日帰り手術が難しくなります。

なので、胆石持ちで痛みが出ても、しばらく我慢してたり、食事制限してたりと、ごまかしてる場合は日帰り手術が難しくなるかもしれません。

私は胆のう炎+胆管に胆砂で、処置が3回。入院期間2週間になりました。

結論、胆石持ちで日帰り手術をしたいなら

薬を飲んでも溶けないか、痛みが1度でも出たら手術する。

早めの手術の決断が、日帰り手術を可能にします。

だけど、あくまでも私の予測なんで・・・鵜呑みにはしないで下さい。

参考:多根総合病院・日帰り手術センター・胆石症、日帰り手術で治療

胆石の日帰り手術は、専門病院で

胆石の日帰り手術は、専門病院で

こういった日帰り手術は、専門の病院でやってもらいましょう。

身近にある大きな病院では意外とやってない事もあるので、ネットで「胆石 日帰り手術」と検索して、近くの病院を探してみてください。

日帰り手術と言っても、事前検査はある

日帰り手術が可能な症状だとしても、必ず事前の検査があります。

なので手術自体は日帰りで済みますが、その前に検査やらで何度か病院に行く必要はありますよ。

だけど、手術はやったその日で終わってその日に帰れるんで、入院費用とかがかからなくてお財布の負担はかなり軽くなります。

胆石の日帰り手術費用は

日帰り手術は100%腹腔鏡手術で行われるでしょう。

手術点数は24,500点なので、実際にこの手術費用だけなら73,500円で済みます。

他の検査費用などを合わせたら、恐らく10万円ちょいで出来ます。

高額療養費制度を使おう

10万円くらいってのは私の勝手な予測ですが、10万くらいなら高額療養費制度が使えます。

ただし月の収入が50万円くらいまで。

高額療養費制度(70歳未満の方:2021年11月現在)
月の収入自己負担限度額
83万円以上252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
53万~79万円167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
28万~50万円80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
26万円以下57,600円
住民税非課税世帯35,400円

これを超えた分は返金されるので、事前にどれくらい費用がかかるのか確かめておいて、早めに役所へ申請しに行きましょう。

事前申請であれば手続きが早いので、オススメです。

ただし、注意点が5つ

  • 月ごとに計算
  • 入院と外来は別計算
  • 同じ医療機関ごとに計算
  • 医療費のみ対象(入院中の食事代とかは別)
  • 外来の院外薬局は同一機関については合算

胆石持ちは手術しないとイケナイ?

胆石持ちは手術しないとイケナイ?

胆石持ち=手術適応 というワケでは無いです。

胆石を持ってても、症状がない。痛みが出てない人は手術までしなくて良いです。

まずは薬と食事療法を試してみてください。

>>胆石の食事療法はこちら

胆石を溶かす薬ウルソ

胆石でもコレステロール胆石を溶かすならウルソが最強です。

コスパも良くて副作用がほとんどないので、毎日欠かさず飲みましょう。

時間はかかりますが、効果はバツグンなんで頑張って下さい。

>>実際に胆石が溶けていく様子は、こちらで

胆石を砕く治療法もあるけど・・・

尿路結石にも使われている、結石破砕法は胆石にも一応使えます。

使えるけど、再発率が10年間で60%

ちなみに1年後の消失率は60~90%と中途半端。

胆のうの働きがまだ良い人なら意味はありますが、胆のうの働きが悪くなっちゃってる人にとては全く意味がないので、摘出した方が良いですね。

参考:日本消化器病学会ガイドライン-胆石症

胆石持ちでも痛みが出た場合は手術へ

胆石による疝痛発作は長くても2時間くらいで治まります。

これが厄介で、痛みを我慢してしまう人が居ます。

胆石による痛みってのはかなりツラいし、ほっとくと悪化させるだけです。

痛みがすぐ出てしまう人は、薬による溶解法や食事療法じゃ追いつかなくなってる状態なので、早めに胆のう摘出手術を受けた方が良いですよ。

手術は怖いですが、手術の決断が早ければ早い程、日帰り手術できる可能性があります。

高額療養費制度や民間の保険を組み合わせれば、かなり費用を抑えられるんで、ぜひ検討してみてください。

それじゃぁ、またの