胆石ブログ「痛みや食事をどうしたらいい?」

胆石の治療日記。胆石症に関する情報もまとめます

胆のう摘出術後の経過は・・・

どうも。もう少しで手術後2ヶ月(8週)になるって感じ。

というわけで、今の状態についてお話します。

まぁ、さっくり言えば「胆のう取ってよかった」ですね。

  • そこまで食事に気を遣わなくても良い
  • あの痛みを感じなくて良い
  • 手術したのに利益出た?

胆のう摘出手術を受けて8週

胆のう摘出手術を受けて8週

今週の金曜日でちょうど8週です。

具合はコレといって問題はないですね。

気になる事といえば、腹部がたまに少し痛む事です。

胆のうを取っても痛む事がある

胆のうを取ったんですけど、食べ過ぎた後や脂の強いものを食べた後は、ほんの少し痛みを感じる事があります。

胆石による疝痛発作ほどでもないし、余裕で我慢できる痛みです。

ちょっとお腹がズキっと来る程度。

ほんと1~10でいえば1とか2のレベル。

痛みが出るって事は、あまり体に良くない事が起きてるんでしょうけど、ちょっとだけなら大きな問題ではないのかなぁと思います。

胆のう摘出後の経過で気を付けるべき点

腹膜炎・膵炎・肝炎には特に注意。

病院で管理され、退院できたからといって100%大丈夫。とは言えないんですよね。

人の手が入った身体なんで、ほんのわずかな確率でも何かしらの問題を抱えてる可能性があります。

自己判断は危険ではありますが、内臓の炎症は血液検査で分かるし、痛みも伴うので、そこまで心配しなくても気付けます。

傷口の経過

傷口は、それこそただの傷口って感じです。見た目は。

触った感じでは、ちょっと硬くなってるってくらい。

完全に綺麗になるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

胆のう摘出後の食事

胆のう摘出後の食事

胆石がひどくなり、食事制限をしてからの病院食だったので退院後1ヶ月は、あまり気にせず食ってました。

それで体重は4kgほど戻りましたね。

胃もたれのようなものは出やすい

前にも言ったかもしれませんが、さすがに脂の消化能力が落ちたので、胃もたれっぽいものは感じやすいです。

まだ完全に体が慣れてない証拠ですね。

なので、脂っこい食事をガンガン摂るのは、オススメしません。w

便通も普通

私の場合ですが、特にユルユルになる事もなく、普通ですね。

基本、1日3食に直したので、ほぼ毎日。

だけど、1ヶ月エネルギーを余裕に摂ってたんで、今は減らし期間中です。

今やってる食事制限

簡単な話、1日の摂取カロリーを2000kcalくらいを目安にする。

とは言っても結構カロリー計算って大変なんで、感覚でざっくりですが。

カロリーってのは運動で減らすのはメチャクチャ大変です。

むしろ食事を制限する方が簡単。

だけど、少なすぎるとダメ。

結論、基礎代謝+200~300くらいが目安です。

私の場合はその合計がおよそ2000kcalくらい。

この時の注意点は3つ。

  • カロリー計算はぱっと見より多めで見積もる
  • 炭水化物はゼロにするんじゃなく、減らす
  • 食べ過ぎたと思っても、気にしない

カロリーの計算(脳内)は意外と少なく見積もりしがちなんで、ちょっと多めに。

炭水化物は悪のように思えますが、大事なものなんで減らす程度に。

食べ過ぎたら、そこで自分を責めずに気持ちを切り替えよう。

完璧主義は、体にも心にも悪いですよ。

この性格、何とかしたいなーって人は、私のもう一つのブログを参考にしてみてください。下にリンク貼っておくんで、どうぞ。

>>習慣化で挫折しない為の方法-完璧主義にならない

胆のう摘出手術・入院費用が返ってきた

胆のう<p>摘出手術・入院費用が返ってきた

ちょっとミスがあって高額療養費制度の方は1月頃に還付されます。

ですが、保険会社からは早速入りました。

日本生命から40万円の振り込み

かけていた日本生命の保険で、40万円振り込みがありました。

内訳は以下のとおり

  • 疾病入院給付金:75,000円
  • 手術給付金:300,000円
  • 入院療養給付金:25,000円

これで手術代金(約44万円)の大半が回収できました。

高額療養費制度で還付される額は

私の場合は自営で収入をコントロール出来るので、今年度は住民税非課税です。

なので自己負担限度額が35,400円

手術・入院費から差し引くと・・・404,130円

約40万円が振り込まれる計算です。

ほんと、日本の保険制度に感謝。高額納税者様に感謝します。

単純に計算すると・・・

手術入院費と還付・保険金の差額が、+364,600円でした。

つっても、保険かけてた額を考えたら・・・・って事ですけどね。w

ちなみに保険金は、月に8,770円です。

かけ始めから6年11ヶ月で出たんで、合計で727,910円を保険にかけてたって事。

結構ムダなんですかねぇ・・・やっぱり。

結論、保険は解約しろってかなりマジくさいwww

ちなみに、入っといて損しないと言われてる保険は・・・

  • 火災保険
  • 対人対物賠償保険

こんなもん。

私は・・・・・今、そこそこ保険を勝手にかけられてる状態なので、色々と計算しながらどこで解約するか決めてる所です。

参考に中田さんの動画をどうぞ。

計算は面倒だと思いますが、1度やっといたほうが良いかもしれません。

結構、保険会社に手数料を取られてると思います。勿体ない。

そんなに手数料を取られるくらいなら、全部投資に突っ込んで回した方が利益が出ます。

じゃぁ、投資は何をするべきか

投資信託(NISA)とiDeCo

これは国が勧めている投資の手助けなんで、非課税なんですよね。

この枠を使わない手はないんで、ぜひやってみて下さいな。

ちなみに私はiDeCoはやってませんが、NISA枠で投資信託をやってます。

投資信託

今の運用成績はこんな感じ。2年ほどで今、16.43%増えてます。

オススメの投資信託先も、画像の通り。

なんしアメリカと全世界に投資するのが1番安定的だし、伸びやすいです。

iDeCoの注意点は

  • 60歳まで引き出せない事
  • 運用商品によっては元本を下回る事もある

だけど元本確保型もあるし、かけ金はその年の課税所得を減らす事ができます。

ただし・・・将来的には運用資産に課税がかかるのかもしれません。

一応、現在では課税が停止されてます。って状態www

この「課税が停止されてます」がミソで、後から変わるかもしれないんですよね。

こういう所、財務省の悪意を感じますわ。

誕生から20年なので、もう受け取ってる人が居るのかもしれません。

だけど、こういうのって結構やる人、最初は少ないんで今は運用資産に課税をかけなくてもいいや!って思ってるだけなのかも。

だから、私は様子見です。

ゆうてまだそんなに課税所得が多くないですし。

まとめ:経過は順調だと思う

なんかお金の話になっちゃいましたが、体は順調なのかなぁと思います。

また定期的に状態についてはブログ内でお知らせします。

それでは、また。