胆石ブログ「痛みや食事をどうしたらいい?」

胆石の治療日記。胆石症に関する情報もまとめます

胆石の痛み止めにロキソニンは無意味な理由

胆石発作が痛い・・・。なにやっても痛みが治まらない・・・

そんな時にはロキソニン

いや、ロキソニンは痛み止めとしては有名ですが、胆石の発作には全く通用しません。

むしろロキソニンを飲み続けると、消化器にダメージを受けて下痢を起こす事もあります。

今回はその辺の話をしますね。

胆石の痛み止めにロキソニンは無意味な理由

胆石の痛み止めにロキソニンは無意味な理由

結論からいうと、胆石の痛み止めとしてロキソニンは全く意味がないです。

この話を詳しく説明しだすと、すっげー薬学的?医学的な話になるんで、できるだけ分かりやすく説明しますが、とにかくロキソニンは意味がない。という事だけ先に言っときます。

ロキソニンの能力は

ロキソニンっていう痛み止めは、発熱や炎症による痛みに対して効果がある痛み止めです。

ようは打ち身。とか打撲といった、外から衝撃を与えられた時の痛み。

他には、内臓の炎症。ロキソニンは、そういう時に役に立つ薬です。

胆石症なら、胆のう炎ですね。内臓の炎症で痛みが起こってる時にロキソニンを飲むと、痛みを感じづらくなります。

胆石発作による痛みってのは

胆石が詰まって起こる痛みってのは、炎症とかじゃなくて

石が道を塞いで、胆のうがパンパンに膨れてる状態。

風船に水をどんどん入れてって、水の出口が無いと風船が膨らみますよね。

その膨らみとかで腹痛が出てるんです。

炎症で痛いってワケじゃないので、ロキソニンが通用しません。

薬で痛みをなくすには

私が処方してもらった頓服薬・ブチルスコポラミン臭化物錠といった薬が多少効きます。

この薬は、消化器とかの内臓のけいれん等を抑える薬です。

なので痛み止めの効果は一時的。根本的な解決にはなってません。

それに、あまりにも胆石発作の痛みが強い時は全く役に立ちません。

私のかかりつけ医(外科医)は、これはマジで痛い時は使えないけどね・・・って言ってました。

ロキソニンがダメなら、他の薬は

ロキソニンは胆石の痛み止めとしては役立たずです。

なので、別のアプローチで痛み止めとして使える薬だと、まだ可能性はあるのかも・・・

それは、カロナール系の痛み止めです。

カロナール系の市販薬はこちら

カロナールロキソニンと違って、ちゃんと脳が「痛い」と感じる所に勘違いを起こす薬なので、ロキソニンとは違う方法で痛みを感じづらくしてくれます。

なので、胆石発作の時にはロキソニンよりは効き目があるんじゃないかなぁと思います。

だけど、私は実際試した事が無いので、その効果は何とも言えません・・・

医者が処方する薬ですら効かないんですから、あまり期待はできないと思いますw

ロキソニンのデメリット

ロキソニンは痛み止めとしては優秀ですが、めんどくさい副作用を持ってます。

胃を荒らすので、胃腸の弱い人には相性が悪いんですよね。

ロキソニンが抑える痛みに関係する物質、プロスタグランジンっていうものを食い止めるんですけど

このプロスタグランジンっていう成分は、胃の粘膜を作る時に大事な物質だから胃にダメージが出るんです。

ロキソニンの効果と副作用

だから胆石発作でロキソニンを使うと

  • 論理的に痛み止めとしての効き目を果たさない
  • 副作用で、胃にダメージを受ける

とダブルでデメリットなんで、ロキソニンは使わないようにしましょう。

ロキソニンが悪いってわけではない

ロキソニンは結構優秀な薬なんで、痛み止めとしてメチャクチャ利用されてます。

ただし胆石の痛みには通用しません。

痛いからロキソニン。という考えをせず、試しにカロナール系の薬を飲んでみてください。

1回分の有効成分(カロナール)が多いのは、マツモトキヨシのノーシンAC。Johnson&JohnsonのタイレノールAです。

次に大正製薬のナロン錠。その次が小林製薬のハッキリエース

下から2番目が、ライオンのバファリンルナi

1番少ないのがシオノギの新セデスです。

カロナールが少ない代わりに、別の痛み止め成分が入ってるんで、効き目が弱い。というわけではありません。

身体に合う痛み止めを探してみてください・・・・とは言いましたが、痛いなら医者行け。その方が早いです。

胆石発作がよく出るようであれば

もう胆のうとして機能不全が出てるとも考えられるので、胆のうを取る事をオススメします。

仮に胆石を砕いたとしても、再発率が10年で60%くらいと言われてます。

参考:日本消化器病学会ガイドライン-胆石症

あんな激痛で、何やっても治まりようがない。2時間くらい悶えてるしかないような痛み、何度も何度も感じなきゃいけないくらいなら

胆のうを取ってしまう方が後々ラクです。

劇的に生活のクオリティが上がったんで、早い目に手術を受ける事をオススメします。

手術が怖いのは私も一緒でした。

でも、あんな痛みを繰り返すよりはマシです。

しかも、胆石はほっとくと危険な病気なので、早めの処置をした方が良いですよ。

私の手術談は以下の記事に書いてるので、参考?になるかどうか分かりませんが読んでみてください。

>>胆石で手術しました。腹腔鏡手術は確かに負担が軽い